僧侶派遣をお願いしたらマニアックな人が来たなぁ

僧侶派遣のサービスをお願いすると、
やってくるお坊さんがあまりに十人十色なことに
驚く方もきっと多いのではないでしょうか。
お坊さんたちの見た目はそれほど大差がないかもしれませんが、
その中身はまさに千差万別なのがきっと理解できるでしょう。
特に驚きなのが、フランスのオタク文化について
とても詳しいお坊さんがいるという部分です。
確かにフランスといえば日本の漫画やアニメ、アイドルなどの
各コンテンツが非常に人気を集めている国で知られていますし、
各フェスティバルが開催される会場は
オタクのフランス人で溢れ返るという話はよくニュースになっていますが、
まさかそれを知っているお坊さんがいるとは、
本当に度肝を抜かれてしまうかもしれません。
しかし日本のコンテンツの魅力を考えると、
あながち間違ってはいないはずです。

フランスの友人に頸椎症治療の医院を紹介した

フランスのオタク文化とは日本のアニメやゲームが
大好きなフランス人が多くそれが延長して
日本も好きになった文化の事をいう。
また彼らは積極的に日本人のオタクにコンタクトを取り
最新情報も手に入れるなど積極的な行動を見せている。
私もネットを通じてフランス人と知り合い身の上話をしていると
彼は頸椎症で手足にしびれがある事がわかった。
ネットでフランスの頸椎症治療で有名な病院を探り当て
彼に受診を勧めてみたところ、
軽度の頸椎症で完治が望めるという知らせをもらった。
地球を1周した遠い距離に居るのに
お互いを心配・励まし合う関係になるとは知り合った当初は
思いもしなかった。
日本のオタクとフランスのオタクの間に友情が芽生えた瞬間を
自分で体験出来た。

フランスのオタク文化と電話占いのコラボ

フランスでは日本の漫画やアニメに関心を持つ人が多く、
オタク文化にはまってしまい、
そのまま日本を訪れるフランス人も少なくありません。
日本のオタク文化にどっぷりつかってしまい、
そのまま日本に住んで日本人と同じような生活をする人もいます。
日本で暮らしているとフランスと生活様式が異なることもありますし、
人間関係でも悩むことが多いのですが、
なかなか相談相手を見つけるのが難しいということがあります。
そんなときに利用するのが電話占いです。
電話占いは日本人にはもちろん、
外国人からも気軽に占いをしてもらうことができると
注目が高くなっています。
オタク文化から日本の電話占いにはまってしまうフランス人は
これからも増える可能性があります。

美しい看板

やはり秋葉原の巨大アニメ看板には
留学生たちはとても興奮するのだそうです。
自分の好きなキャラクターがこれでもか!
というぐらい大きくなって街にあるというのは、
オタク文化大好きな彼等には奇跡みたいな事だとか!
そういわれれば、なにか凄いものに見えてしまうのが
ちょっと自分で笑ってしまいます。
個人的にはフランスの絵本に出てきそうな看板が大好きなんですけど。
フランスの店先の看板は「可愛い」もの多いですよね。
気になる方は是非検索してみて下さい(笑)

レンタルオフィスが登記可能なんて驚き

最近、フランスが何故オタク大国なのかを
歴史から紐解いているのですが、
1970年代後半に日本から安価なアニメが
大量にフランスに入り込んだことも理由にあげられています。
当時フランス製のアニメーションが非常に高価だったこともあり、
日本のアニメ人気に火がついたとのこと。
そういえばフランスから日本に留学し、
その後漫画家になった友人がいるのですが事務所を構えたそうです。
レンタルオフィスって登記可能なんですね、友人に聞いてびっくりです。

留学生が水道工事に興味深々。

留学生たちと話をしていると、アニメや漫画文化だけではなく、
はやり日本人の気質に驚くとよくいいます。
たとえば、水道工事なんかも大違い。
フランスの環境問題は北欧よりも遅れている部分があるらしく、
当然日本の方が進んでいると感心し、
工事現場での作業員の機敏さに感心するのだそう。
クールジャパンはアニメ・文化だけでなく、
私たちの勤勉で真面目な性格もあるにね。
と教えてくれたのは留学生たちでしたよ。

オタク商品をマーケットプレイスではamazonのfbaで様々な商品がお得に購入。

オタク文化の流布には、ネットショッピングが
大きく関わっていると私は考えています。
15年位のネット黎明期では、
通信販売というと電話やカタログが主流でした。
その頃のオタクの買い物の仕方というと、
リアル店舗に恥を惜しみ買いに行くか、
もしくは恥そのものを捨て去っているかのどちらかのという、
まるで踏み絵のような洗礼を受ける必要があったのですが、
もはやネットから誰に知られることもなくグッズを収集することもでき、
恥を外へ晒す必要もなくなりました。
amazonでもそれらのグッズが多く扱われており、
マーケットプレイスではamazonのfbaで
様々な商品がお得に購入できます。
お得に恥を晒さずオタクになれる時代が来ようとは、
もう未来が想像できない…。

流体解析の話もオタクっぽく擬人化?

オタクというのはどこの国も変わらないと
つくづく感じる今日この頃ですが、
やはり潜伏数の多い国に共通項を見出しやすいですね。
例えば電車や車を擬人化するアニメや漫画がありますが、
アメリカやフランスでは当たり前のように浸透していますね。
良く分からないところでいうと流体解析まで擬人化するとか。
まあ、熱とか風とか擬人化する北風と太陽みたいなものでしょうか。
確かに擬人化しようと思えばできるけど、
かなりの想像力が必要です。

ホワイトボードにコスプレ似合っている国ランキング。

クールジャパンのオタク文化も世界に飛び火し、
多くの国で日本のアニメのコスプレなどをするイベントが催されています。
日本のアニメでは、キャラクターを差別化させるために、
髪の色が金だったり、青だったり、果ては緑・ピンクだったりします。
黒髪スタンダードの日本人では似合わないコスプレも海外の人がやると、
もともと金髪のでせいか違和感なく
クオリティが高いように見えるのですから、
ある意味持ってかれた感が半端ない気もしますね。
以前、ホワイトボードにコスプレ似合っている国ランキングを
つけたことがあるのですが、日本は…、ゴホン。
We are Cool Japan!

ソフィーから美容サプリとおすすめの食品パックを教えて貰っちゃった!

フランスから留学してきているソフィーはコスプレが大好き。
いわゆるオタクというやつなんだけれど、肌のきめが細かいから、
ゲームのキャラみたいな次元の違うキャラクターに扮しても
陶器肌でそれっぽく見えるのです。
ホリの深さや等身の違いもあるだろうけど、、、
ソフィーは学業の傍ら私のお店でバイトしてるんだけど、
その美肌の秘密を掴んでやろうと、
バイトに来るたび美容法やサプリのおすすめをあれこれ聞き出しています。
効果が出たら共有しますね~♪

アルミホイールの修理を終えた日といとこの帰国日が重なった

フランスに留学していたいとこが帰国したので、
アルミホイールの修理を終えたばかりの車を引き取るついでに
空港まで出迎えに。
フランスでは日本の漫画アニメが大人気で、
現地の学生とのコミュニケーションに
日本のアニメが多いに役立ったらしい。
日本でアニメ好きと言うと少し日蔭者のイメージだけれど、
フランスではその様な事はなく、
実にオープンにオタク話が展開されているらしい。
いとこもフランスですっかり日本のアニメに魅了されてしまい、
詳しくなって帰ってきた。
これも逆輸入というのだろうか。

リビングのシステム収納にはマンガがいっぱいなのです。

我が家でフランスからの留学生を受け入れることになりました。
といっても、我が家に滞在するのは2週間と短い期間なのですが、
今からドキドキしています。
留学生は19歳でカミーユちゃんと言って、
日本のアニメが大好きなのだそう。
特にナルトがお気に入りという事で、
我が家のシステム収納に納まっているナルトのコミックスを
はしから読み直しています。
にわか仕込みのフランス語でも、
共通の趣味があるのでなんとかなるかなと思っています。

古物市場でブリキのおもちゃを見かけるとついつい足を止めてしまいます

ロシアやフランスは日本文化が大好きと言われていますが、
特に日本文化の普及に貢献しているのが
オタク文化なのではないかと思います。
フランスやロシアでは漫画やアニメの博覧会が
定期的に開催されていたり、コスプレが流行ったりしているようで、
アニメの仕事がしたいと日本へやってくる人も多いのだとか。
タイ等のアジア諸国ではドラえもんが人気なようです。
先日古物市場で見かけた鉄腕28号のブリキのおもちゃ、
こういったものも海外で価値が出てくる事もあるのでしょうか。

吉祥寺の賃貸を借りるのは

フランス人おたくのアラン君は日本の大学に通う留学生です。
出没場所は秋葉原なんですが、住んでいるのは吉祥寺。
すごくラッキーなことで吉祥寺の賃貸物件を借りるのに
彼は不動産やさんではなく、直接大家さんに交渉して、
大家さんのご自宅の一室を借りているんです。格安で。
ご自宅は決して裕福ではないので
自分で日本の日常生活はがんばろうとアルバイトもがんばっています。
こんな趣味の合うがんばっている友人がいるといい刺激になります。

給湯器は擬人化できるのか?

フランス人のおたく君(日本語ペラペラ)と話していたのですが、
なんでも擬人化するアニメ・漫画は日本特有なんじゃないかと。
企業のキャラクターとしては世界で登場しますが、
アニメーションでしかも連載されるほどの長編での利用は
特殊に感じるそうです。
そういえば数年前にメトロ各線の擬人化が話題になりましたっけ。
最近気になるのは家電の擬人化…
東京ガスで擬人化された給湯器?はチラッと見かけましたが
一瞬にして消えましたっけ…。

交通事故には専門の弁護士。

7月頭に行われた欧州最大のアニメイベント・
フランス「ジャパンエキスポ(パリ)」も大盛況に終わったようですね。
来場者約24万人だというので、クールジャパンのオタク文化は
欧州ではまだまだ暑いようです。
話は変りますが、7月頭、、知人が交通事故に遭いました。
知人は被害者になるのですが、
どうも相手との話し合いが上手くいっていないようで、
交通事故の専門家(弁護士)に依頼するのだといっていおりました。
交通事故は被害者も加害者も事故後に色々と大変ですね。
交通ルールを守っていても、防げるものではないのですが、
常日頃気を付けていたいものです。

ピアノ教室は渋谷で探すそうで

フランスのおたく文化については、
東京在住のフランス人留学生から情報収集することが多いです。
そういったコミュニティがあるので、お世話係というかサポーターとして
登録して、オフ会とかに参加しています。
最近知り合ったロー君というフランス人は、
あるアニメに感化されてピアノ教室を渋谷で習いたいと
探しているのですが、週末に渋谷の教室見学を申し込んであげたので
一緒に行く予定です。
とりあえず3か所、いい出会いがあるといいですね。

井之頭病院勤務の友人の自慢は

井之頭病院に勤務している友人は、医学部出身にも関わらず、
どこで時間を作ったのかフランスへの留学経験もあります。
そしてフランス語がペラペラ。
そんな彼の自慢は、毎年招待を受けてフランスの
JAPAN EXPOに行けること。
自分としては、一緒に行きたい気持ちいっぱいなんですが、
彼は家族で行くんですよね~。
せめていろいろ情報をもらおうと旅行前には頻繁に会うことになります。
いよいよ7月2日から始まります!

Right Column Widgets

Welcome to the Right Column for the Evening Shade theme. You can put a variety of widgets in this location and to manage where they are published in your site, you can download the Widget logic plugin.